木の家・自然素材で住宅設計する光設計:東京・神奈川・埼玉・千葉

エキサイトブログ

自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して20年.....光設計のノウハウ満載ブログ

エキサイトブログ
江戸styleの家

江戸の「粋」を今に活かし、自立循環型社会を目指してオーガニックなく暮らしを旨とするエコ住宅です。

江戸styleの家
呼吸する住まいに住んでいる人の日記

好奇心とチャンレンジ精神いっぱいの主人が呼吸する住まいの楽しみ方を綴ったブログ

呼吸する住まいに住んでいるの日記
呼吸する住まいが分かる本

建築家、工務店、家づくり、リフォームなどにも役に立つ情報がどのページにもわかりやすく実例写真付きで掲載されていています。

呼吸する住まいが分かる本 購入
お問合せエリア

東京都
世田谷区 目黒区 杉並区 
大田区 練馬区 板橋区 
荒川区 北区 江戸川区 
葛飾区 渋谷区 新宿区 
墨田区
八王子市 府中市 調布市 
三鷹市 町田市 武蔵野市など


埼玉県 神奈川県 千葉県
などその他のエリアの方もお気軽にお問い合わせください。


光設計ホームページのトップページへ戻る
自然を感じながら楽しく暮らす<br />
昔の人の知恵を生かした平屋の家

外観:外壁の一部はカナダ杉張り

お客様の声お客様の声
毎年、我が家の小さな中庭にも季節ごとに色々なお客様がやってきます。蝶、とんぼ、蝉や小鳥は常連です。今年は蜂が巣を作り始めて冷や汗をかきました。
またある朝、中庭からトーン・トーンと軽快な音が聞こえてきます。首をかしげながらそっと障子を開けてのぞいて見ると、ナンと猫ちゃんが塀をよじ登ろうと頑張っているではありませんか!どうなることかと事態を見守っていると塀は無理と諦めたらしく、今度はやまぼうしの木に登り始めました。そして枝を伝って無事屋根に飛び移ることが出来ました。ほっと胸をなでおろした朝でした。
それから数ヵ月後、妹と一緒に帰宅してみると別の猫ちゃんがやまぼうしの根元に潜んでいるのを見つけました。呼んでも怖がって出てきません。妹が時間をかけて手なずけてやっと抱き上げることが出来て無事玄関から逃がしてあげました。きっと好奇心の強い猫ちゃんたちが散歩の途中に我が家の中庭を見つけ興味を持って降りてきたのでしょう。
我が家は動物たちにとってもやさしい家なのだなあとほんわか暖かーい気持ちになったできごとでした。

設計上での工夫したポイント設計上での工夫したポイント
この住まいは60代の建築主のための建坪18.6坪の小さな平屋の住まいです。ヤマボウシの木が植えられた中庭を囲むように、玄関・ダイニング・寝室を配置しています。春夏秋冬の季節の移り変わり、雨や雪といった自然現象を、毎日の暮らしの身近かで感じながら楽しく暮らして欲しい……そんな思いがこの計画の基本になっています。昔の人の知恵を生かして、引き戸や欄間、小窓、地窓、引き込み障子などを多用して自然の通風を確保し、できるだけ機械設備に頼る比率を少なくするような工夫もしています。

■T-HOUSE(東京都府中市)
・敷地面積:120.09m(36.3坪)
・延床面積:61.40m(18.6坪)
・構造:木造1階建て軸組工法
・竣工:2000年11月
・施工:(有)アートハウス

■受賞
・1999年東京ガス主催
「あたたかな住空間デザインコンペ」優秀賞

■掲載誌
・1999年婦人画報社
「モダンリビング126号」
・2000年扶桑社
「新しい住まいの設計9月号」
・2004年集英社
「別冊メイプル 自然に優しい家」




●すべての写真はクリックすると大きな写真と詳しいコメントがご覧いただけます。

外観:玉石のある珪藻土仕上げの塀は以前あったブロック塀を低くカットしたものです。町に対して閉鎖的にならないようにしています。外壁の一部はカナダ杉張り。
外観

中庭:デッキを張った中庭。ヤマボウシを植えて、四季折々の風情を楽しめる空間になっています。
中庭

中庭につながるダイニング。天井はカナダ杉、壁は珪藻土塗り、床は松フローリングに自然塗料塗り。
中庭につながるダイニング

和室:ダイニングと続き間になっている和室。障子を閉めて落ち着いた和室として使うこともできます。
和室

台所:ベニ松で作り付けにした流し台と食器棚。入れる食器などに合わせて引き出しや収納のサイズを決めています。
台所

洗面:こちらもベニ松で作り付けにした洗面。下はオープンにして、椅子に座ってつかうこともできる。ドラム式洗濯乾燥機もビルトインして、上部をカウンターにしています。
洗面



人気の施工例:平屋


提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所