「2階リビングの和モダンの家」完成現場見学会のお知らせ

開催概要

下目黒の2階リビング和モダンの家は木造2階建て軸組工法、延べ床面積約95坪の住まいで、長期優良住宅の認定を取得している和モダンな住まいです。既存の松の木を残して建物をL型に配置しています。その松の木の根元を辿りながら、大きく張り出した庇の下を玄関にアプローチします。

内装に珪藻土や無垢のベイマツ羽目板、オガファーザー壁紙やセルロースの断熱材などの自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して、室内を快適な状態にするように配慮しています。和のイメージを大切にしながら、家にいるだけで気持ちがよくてリラックスできるそんな住まいを実現しています。

自然素材でできた温かく気持ちのよい空間の雰囲気をご自身の目と心で体感してください。

 

日時:2019年5月11日(土)〜12日(日) 10:00〜17:00

会場:東京都目黒区下目黒

交通: JR山の手線「目黒駅」より東急バス5分、徒歩約4分

概要:木造2階建て 延べ床面積約95坪

お申し込み:事前予約制です。

光設計までメールまたは電話で事前予約をお願いします。

詳しい案内図を郵送します。

メール:kurihara@kokyusumai.com

電話:03-3466-0761

 

玄関ポーチです。木製の縦格子と大谷石の袖壁で和モダンなイメージを醸しだしています。

 

 

 

■昔の風通りのよい住まいの工夫をアレンジしながら引き戸ら欄間を利用して家の中の通風を確保しています。

 

①基礎は厚さ18cmベタ基礎工法として、耐震性の向上と地盤からの湿気対策としています。基礎断熱工法にして夏涼しく冬あたたかい住まいを目指しています。

②国産材を構造材として使っています。土台は桧4寸角、柱は杉4寸角。土台などには自然素材のホウ酸を原料とする防蟻剤で防蟻処理をしています。

③外壁には外側にBau-bio断熱N厚さ25mmを貼り、外断熱通気工法としています。内側の柱間にはセルロースファイバーを吹付充填して断熱性を強化しています。

④キッチンと食器棚はキッチンの専門メーカークッチーナに依頼して設計施工にしています。

⑤三菱の全館空調システム「エアリゾート」を計画しています。夏も冬も家中の温度差がなく快適に暮らすことができます。

 

■内装に珪藻土、オガファーザーや無垢ベイマツ板、セルロースの断熱材など自然素材を使っています。自然素材を利用した室内の快適さが分かります。

 

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。

②ベイマツ:木目がきれいで、とてもあたたかい雰囲気になります。無垢の板ですので呼吸する機能があります。

③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。

④セルロース:パルプ繊維の断熱材で柱間に充填しています。パルプですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。

⑤タイベックスマート:デユポン社の可変調湿気密シートです。調湿をしながら気密を確保して省エネルギーの住まいになっています。

 

イベント申し込みフォーム
イベント名
お名前(必須)
郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます
住所
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
メモ欄